2022年1月17日のトピックス

阪神淡路大震災から27年の決意

2022年1月17日

1995年1月17日は、毎年書かせていただいてるように、神戸市東灘区に在るナミねぇの実家が、阪神淡路大震災によって全焼した日です。

全焼した実家

豊かとはいえない暮らしの中で、力を合わせて自宅を購入した両親にとって、震災と自宅焼失は想像を超えるショックやったと思うけど、その両親も今は鬼籍に入り、三人の子ども(ナミねぇと二人の弟)は、両親が必死で再建した自宅を拠点に、米国で、日本各地で活動しています。

子どもたちに「たくましく生きる」ことを教えてくれた両親に、改めて篤い感謝を捧げたいと思います。

今日~2022年1月17日は、震災から27年。

そして今年は、父の25回忌でもありますので、しっかり法要を行おうと思っています。

さて、コロナ禍もいくぶん落ち着いてきたとはいえ、オミクロン株が、冬の風物詩(?)であるインフルエンザのようになりつつあり、娘麻紀(マキ)との面会も、昨年末に許された「15分間」を最後に、また当分禁止となってしまいました。

寂しさはあるものの、多くの方々に手厚く護っていただいていることには、感謝でいっぱいです。

元気なナミねぇは、相変わらずプロップ・ステーションの活動、ユニバーサル・ドローン協会(UDrA)の活動などに走り回っていますが、今年は「吉本興業が春に開設するBSよしもと」の番組審議委員に就任するとともに、5~6月からは番組を持つことになりました。

まだタイトルは決まってないけど、ナミねぇが進行役を務めるトーク番組になりそうです。

誰でもが楽しめて、元気の出る番組にしたい!と思っていますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに「BSよしもと」は、無料で視聴できる放送になる予定です。

どんな年齢になっても、新しいことが始まるというのは、ワクワクすると同時に、ちょっと緊張も。

ナミねぇの活動を応援下さる皆さまに、心から感謝を捧げつつ、歳を忘れて(笑)色んなことにチャレンジして行きたいナミねぇです。

そして震災体験を無駄にすることなく、これからも生き抜くパワーに転換して行けるよう頑張りますので、変わらぬ応援を、よろしくお願いいたします。

m(_ _)m

<by ナミねぇ>

2022年1月13日のトピックス

【お知らせ】1月15日にナミねぇが「みらクルTV」に生出演!!

2022年1月13日

明後日1月15日(土)午後7時30分~8時30分
ナミねぇは、浅野史郎さん主宰の
「みらクルTV」に生出演します。
誰でも参加できる「みらクルTV」にアクセスするためのURLは

 https://zoom.us/j/3782787584

です。

パスワードが必要な設定で、アクセスして出てくる画面にパスワード
「39」を入れてください。

ナミねぇの近況を、いっぱいお話します!

楽しく元気の出る双方向番組になりますよう、
ご視聴、応援参加、よろしくお願いいたします!!!(^^)/ 

<by ナミねぇ>

2022年1月1日のトピックス

新年 明けましておめでとうございます

2022年1月1日

世界中が、コロナウイルスに振り回された年が明けました。
今年こそは、穏やかで明るい年であることを心から願う新年です。

今年は「とら年」ですが、ナミねぇの実家には「とら年生まれ」が三人居ます。
今は鬼籍に入った両親と、弟ビリー市田です。

「トラが三匹居ると縁起がよい」などと聞いたけど、そのビリーも、コロナ禍のため、住まいである米国アリゾナからの帰国が出来ず、もう一人の弟ゆうと共に行う「ナミねぇブラザーズ・ライブ」は、約2年開催できずにいます。

しかしながら、プロップ・ステーションの活動は、幸いスタッフにコロナに罹患した者もおらず、多くの支援者、支援企業の皆様の応援で、順調に30年目となる活動を推進させていただき、ユニバーサル・ドローン協会も、緊急事態宣言下以外では「チャレンジド・ドローン講習会」を、国際ドローン協会や神戸市民福祉振興協会のご助力のもと、「神戸しあわせの村」にて開催させていただくなど、ナミねぇの活動のミッションである「チャレンジドの就労促進・職域開拓」を推進させていただけたことに、感謝でいっぱいです!

昨年末には、国立病院機構兵庫あおの病院で、温かい看護を受けて生活する娘麻紀(マキ)と、2年ぶりに15分だけやったけど面会することができ、ナミねぇは、マキの笑顔に改めてパワーを10000%充電(笑)しました。

今年も、まだまだ落ち着かない社会状況ではありますが、応援下さる皆さま、仲間たちとともに、自分のなすべきことに全力で取組みますので、ご支援なにとぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

2022年が、全ての方々にとって幸多き年でありますよう!!!

社会福祉法人プロップ・ステーション理事長
ユニバーサル・ドローン協会事務局長
竹中 ナミ(ナミねぇ) 拝

2021年12月26日のトピックス

12月15日(水)に関西大学客員教授 竹中ナミ氏による講演会を開催しました(関西大学のサイトから転載)

2021年12月16日

関西大学のサイトから転載させていただきました。オリジナルは こちら  から。

2021年12月15日(水)16時20分~17時50分(第5時限)に、客員教授・竹中ナミ先生による講演会「チャレンジドが拓くデジタル社会」を千里山キャンパス第2学舎4号館F403教室において開催しました。

ナミねぇ と呼ばれる竹中先生は、すべての人が「持てる力を発揮し、支え合うという誇り」を持って生きられる「ユニバーサル社会(共生・共助社会)」の実現をめざし活動する、社会福祉法人プロップ・ステーションの理事長です。チャレンジドの自立と社会参画、とりわけ就労の促進や雇用の創出を目的とする活動に注力されています。

「人間が常に可能性を追求し、科学や国家や文明を発展させてきたことを考えれば、不可能の中に発展の芽がある。つまり、不可能をたくさんを持っている人の中に、間違いなく発展の芽がある」とは、至極名言です。

また、「不可能や障がいについてまわりがみんなネガティブに捉えるなら、私ぐらいネガティブじゃなくて良い」「ポジティブに捉えて、その人の中にある可能性を見つけるというのが、私の生き方」「人と会った時にその人の欠点を探すなんかもったいない。絶対にその人の中の1つでも良いところを見つける」といった、様々な局面の様々な人に響くであろうメッセージが多数ありました。チャレンジドが拓くデジタル社会、そして、デジタル化が拓くチャレンジドの世界、そのいずれもの発展を心から期待し、応援したいものです。

昨年度に続き、今年度もオンライン配信用に録画をしてあります。字幕付け 等の作業のために少々時間をいただきますが、いずれ、画面越しではありますが、ナミねぇのパワーと明るさをご覧いただけるかと存じます。

※ナミねぇ(竹中ナミ先生)のインスタ  https://www.instagram.com/takenaka.nami/ 
※ナミねぇのfacebook  https://www.facebook.com/nami.takenaka/ 
※プロップステーションHP  https://www.prop.or.jp/

記事提供:経済学部 佐藤 雅代 教授

2021年12月17日のトピックス

関西大学経済学部で客員教授講演を行いました。

2021年12月16日

昨日12月15日、関西大学経済学部で客員教授講演を行いました。

客員教授に就任して、今年ではや10年目となります。

昨年に引き続き、コロナ禍が終息していないとのことで、400名の学生を対象とする、オンライン講義となりました。(ナミねぇのFacebook告知などを見て来場下さった方も、少しおられました!)

チャレンジド・ドローン講習会、神戸スウィーツ・コンソーシアムなど、最近の活動についてと、娘マキと2年ぶりに面会が叶ったことなどなど、様々なお話をさせていただきました。

終了後、林教授、佐藤教授、学生相談・支援センターの方々が、小人数での懇親会をセッティング下さり、10年間の思い出話などを語り合いました。

関西大学関係者の皆さま、本年も本当にお世話になりました。
来年も、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

<by ナミねぇ>

2021年12月10日のトピックス

やっと、やっと、国立兵庫あおの病院で生活する娘マキ(48歳)との面会が叶いました!!!

2021年12月10日

12月9日、やっと、やっと、やっと、国立兵庫あおの病院で生活する娘マキ(48歳)との面会が叶いました!!!

コロナ禍で、2019年の年末から2020年のお正月にかけて自宅に帰省外泊し、ともにお正月を祝って以来、なんと2年ぶりの面会です。

クリスマスの飾り付けがなされた病棟で、看護師さん4人に見守られながら、ポリエチレン手袋を装着して、15分間だけの面会です。

何で看護師さんが4人も揃って、マキ&ナミねぇ母子を取り囲んでるかというと、「抱っこ禁止」なんやけど、わたしが「一瞬だけでも車イスから下ろして、抱っこしたいです!!!」と、叫んだ(笑)からです。

だって、2年ぶりの15分間なんやもん、抱っこしたいやんかぁ!!うるるるる・・・。

残念ながら、直接の抱っこは出来ず、面会も15分間という僅かな時間やったけど、私がクルマイスごと抱きしめて、ほっぺをひっつけると、マキは看護師さんたちがビックリするような笑顔をみせてくれて(その瞬間が写せなくて残念??)おかんナミねぇは、パワー10000倍充電できました。

コロナが下火になったかと思ったら、また新たなオミクロンなんちゅうヤツが広まりそうな今、しっかりした看護体制で護っていただいてることに改めて感謝しつつも、やはり心残り満杯で、病院を後にしました。

でもなんと、昨夜は夢の中にマキの笑顔が現れ、「そうか、世情が落ち着くまでは、夢の中で抱きしめよう!」と、決意した今朝のナミねぇでした。

看護下さる皆さん、本当に本当に、ありがとうございます!
そして来年も、マキをよろしくお願いいたします。m(_ _)m

<by ナミねぇ>

2021年12月4日のトピックス

12月3日、財務省で吉本興業の大崎会長、岡本社長をゲストスピーカーとしてお招きし「ユニバーサル社会を創造する事務次官プロジェクト(勉強会)」を主宰!!

2021年12月4日

昨日12月3日は財務省で、吉本興業の大崎会長、岡本社長をゲストスピーカーとしてお招きし「ユニバーサル社会を創造する事務次官プロジェクト(勉強会)」を主宰。

テーマは「お笑いと地方創生」。

吉本興業の「日本を元気にしたい!」とのミッションを、余すところなく語っていただきました。

今日12月4日は、お台場の映画館で「東京国際映像祭」に参加。

この後、チャレンジド・ドローンパイロットである、みゆうちゃん、弘樹くんの「神戸港空撮映像」も発表されます。

国際ドローン協会代表で主宰者の榎本ちゃんは、朝4時まで編集してたそうです!!

間もなく、みゆうちゃん、弘樹くんが、ご家族と共に到着され、一緒に「舞台挨拶」します。

<by ナミねぇ>

2021年11月30日のトピックス

日清製粉とプロップ・ステーション共催のスウィーツ講習会「神戸スウィーツ・コンソーシアム」in 仙台開催!!
渡辺靖水シェフの指導のもと、仙台のチャレンジドの皆さんと、美味しいスウィーツ(ハチミツマドレーヌと、フルーツケーキ)を作りました!!

当日のビデオを公開します(編集済み)

2021年11月30日

11月28 日、伊丹空港発。小型飛行機やったけど、全く揺れることなく仙台空港に到着。
寒いけど、快晴で爽やかな晩秋の仙台です。
名物の牛たんを晩ごはんに、パワー充電!

翌29日は朝10:00から、日清製粉とプロップ・ステーション共催のスウィーツ講習会「神戸スウィーツ・コンソーシアム」を、若林区の社会福祉法人仙萩(せんしゅう)の杜(もり)ぴあベーカリーさんで開催です。

地元仙台の名店「甘座洋菓子店」シェフ渡辺靖水さんの指導のもと、仙台のチャレンジドの皆さんと、美味しいスウィーツ(ハチミツマドレーヌと、フルーツケーキ)を作ります!!
オンライン講習会はコチラで、ご視聴下さい。1時間2分頃から始まります。
 https://www.youtube.com/watch?v=EZMv8Nz5xq4 

スウィーツ講習会は毎回ライブ配信しています。
講習内容はYouTubeに記録が残りますので、誰でも見直して学んでいただけます。

講習会、始まりました。受講生の皆さんは、渡辺シェフの言葉にしっかり耳を傾けながらも、ワクワクしているのが伝わってきます。日清製粉仙台営業部長の西中さんも、真剣な眼差しで講習会を見守っています。司会進行は、長年このプロジェクトを担当下さってる、日清製粉の増田梨沙さんです。

オーブンが開くと、講習会場に甘い香りが漂います!!

講習を終え、記念撮影です。
渡辺シェフ、ぴあベーカリーの皆さん、お疲れ様&ありがとうございました!!

クリスマスに向けて、レイアウトも教えていただきました!
愛のこもった、超実践的な講習会でした!!

二日間のKSC出張が終わり、仙台空港でフライトを待ってます。
楽しく、有意義な二日間を過ごすことが出来、関係者の皆さんに感謝でいっぱいです。
神戸に帰ったら、えぇ夢見ながら眠れそうやわぁ!!

<by ナミねぇ>

神戸スウィーツ・コンソーシアム「チャレンジド・プログラムVol.14 in 仙台」
ユーチューブLIVE放映サイト

中継はこちらから、どなたでもご覧いただけます。画面をクリックするか、下記リンクを開いていただければ配信をご覧いただけます。
  https://www.youtube.com/watch?v=EZMv8Nz5xq4 

神戸スウィーツ・コンソーシアムのユーチューブサイト (過去の動画はこちらでご覧いただけます)
 https://www.youtube.com/channel/UCpOb5FyYaNrh8CdPsRY0y-g 

チャレンジド・プログラムVol.14」講習プログラム(仙台会場)

日時:11月29日月曜日 10:00~12:30
内容:講習会
講師:渡辺靖水シェフ(仙台「甘座洋菓子店」シェフ)
課題:ハチミツマドレーヌ、フルーツケーキ
☆レシピはこちらからPDFでダウンロードいただけます。
 https://www.prop.or.jp/ksc/recipe_20211129.pdf
会場:ぴぁベーカリー(仙台市若林区)

<渡辺靖水シェフのご紹介>

実家である「とびばいさ甘座」にて工場長を務める。1996年にシュガークラフトのケーキデコレーター資格認定を修得後は、各方面で工芸菓子の指導に力を注いでいる。宮城県洋菓協会の常務理事を務めており、洋菓子業界の活性化にも尽力している。

甘座洋菓子店 

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)

主催:社会福祉法人プロップ・ステーション、日清製粉株式会社
後援:総務省、厚生労働省、農林水産省、東京都、兵庫県、神戸市、仙台市、日本セルプセンター、関東社会就労センター協議会
協賛および材料協力企業:石川株式会社、伊藤景パック産業株式会社、株式会社うめはら、オリエンタル酵母工業株式会社、正栄食品工業株式会社、タカナシ販売株式会社、月島食品工業株式会社、ドーバー洋酒貿易株式会社、三井製糖株式会社、日清製粉株式会社、フクシマガリレイ株式会社、丸紅株式会社ほか
公式サイト:
 http://www.kobesweets.org/

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)について

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)は社会福祉法人プロップ・ステーションと、製粉業界最大手日清製粉株式会社の主催により、多数の企業と行政のご協力を頂き、「スウィーツの世界で活躍するチャレンジド(障がいのある人)を生みだそう!」というミッションを掲げて、2008年6月に発足しました。

KSCの開催する「チャレンジド・プログラム」では、超一流プロのパティシエやブーランジェを講師に迎え、その技術を教授する講習会を実施しています。プログラムでは、各地の作業所や施設でお菓子作りに従事する精神・知的障がいのチャレンジドを対象として、スキルを上げて生産性・報酬を上げたい、スウィーツの世界で就労したい(独立・開業)、製造販売業に携わりたいといった人たちに、超一流プロのレシピと技を直接指導します。修了生の中には、すでにKSCで学んだスウィーツを作業所単位で製品化している人たちもいます。

2020年度を迎え、たいへん残念なことに新型コロナウィルス禍により社会活動が大幅に制限されるなか、KSCははウィズ・コロナの時代に対応したじゅうぶんな感染防止対策を講じることで、無事開催させていただくことが出来ました。

そして本年2021年度のチャレンジド・プログラムも、昨年に引き続きコロナ感染対策を徹底したうえで開催させていただきます。統括講師にフランス菓子ノリエットの永井紀之シェフ、そして神戸サマーシュの西川功晃シェフ、京都ホーフベッカライ・エーデッガー・タックスの野澤孝彦シェフ、仙台甘座洋菓子店の渡辺靖水シェフを講師にお迎えし、神戸、東京、大阪、仙台の各参加作業所での現地指導で受講生(利用者、サポーター)が実技を学習するスタイルで実施されています。

神戸スウィーツ・コンソーシアムはチャレンジドのパティシエ養成を通じて「すべての人が持てる力を発揮し、支え合って構築するユニバーサル社会」の実現をめざして活動してまいります。みなさまにはどうか神戸スウィーツ・コンソーシアムの活動を力強くバックアップしてくださいますことを心よりお願い申し上げます。

2021年11月26日のトピックス

11月29日月曜日、神戸スウィーツ・コンソーシアム「チャレンジド・プログラムVol.14 in 仙台」渡辺靖水シェフによる講習の模様を、午前10時よりユーチューブLIVEで仙台より生中継します。どなたでもご視聴いただけますので、ぜひご覧ください!

2021年11月26日

神戸スウィーツ・コンソーシアム「チャレンジド・プログラムVol.14 in 仙台」
ユーチューブLIVE放映サイト

中継はこちらから、どなたでもご覧いただけます(放映予定日時:11月29日月曜日10:00~12:30)時間近くになりましたら画面をクリックするか、下記リンクを開いていただければ配信をご覧いただけます。
  https://www.youtube.com/watch?v=yqyOLKZ5ISA   ※配信アドレスは変更になる場合があります。

神戸スウィーツ・コンソーシアムのユーチューブサイト (過去の動画はこちらでご覧いただけます)
 https://www.youtube.com/channel/UCpOb5FyYaNrh8CdPsRY0y-g 

チャレンジド・プログラムVol.14」講習プログラム(仙台会場)

日時:11月29日月曜日 10:00~12:30
内容:講習会
講師:渡辺靖水シェフ(仙台「甘座洋菓子店」シェフ)
課題:ハチミツマドレーヌ、フルーツケーキ
☆レシピはこちらからPDFでダウンロードいただけます。
 https://www.prop.or.jp/ksc/recipe_20211129.pdf
会場:ぴぁベーカリー(仙台市若林区)

<渡辺靖水シェフのご紹介>

実家である「とびばいさ甘座」にて工場長を務める。1996年にシュガークラフトのケーキデコレーター資格認定を修得後は、各方面で工芸菓子の指導に力を注いでいる。宮城県洋菓協会の常務理事を務めており、洋菓子業界の活性化にも尽力している。

甘座洋菓子店 

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)

主催:社会福祉法人プロップ・ステーション、日清製粉株式会社
後援:総務省、厚生労働省、農林水産省、東京都、兵庫県、神戸市、仙台市、日本セルプセンター、関東社会就労センター協議会
協賛および材料協力企業:石川株式会社、伊藤景パック産業株式会社、株式会社うめはら、オリエンタル酵母工業株式会社、正栄食品工業株式会社、タカナシ販売株式会社、月島食品工業株式会社、ドーバー洋酒貿易株式会社、三井製糖株式会社、日清製粉株式会社、フクシマガリレイ株式会社、丸紅株式会社ほか
公式サイト:
 http://www.kobesweets.org/

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)について

神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)は社会福祉法人プロップ・ステーションと、製粉業界最大手日清製粉株式会社の主催により、多数の企業と行政のご協力を頂き、「スウィーツの世界で活躍するチャレンジド(障がいのある人)を生みだそう!」というミッションを掲げて、2008年6月に発足しました。

KSCの開催する「チャレンジド・プログラム」では、超一流プロのパティシエやブーランジェを講師に迎え、その技術を教授する講習会を実施しています。プログラムでは、各地の作業所や施設でお菓子作りに従事する精神・知的障がいのチャレンジドを対象として、スキルを上げて生産性・報酬を上げたい、スウィーツの世界で就労したい(独立・開業)、製造販売業に携わりたいといった人たちに、超一流プロのレシピと技を直接指導します。修了生の中には、すでにKSCで学んだスウィーツを作業所単位で製品化している人たちもいます。

2020年度を迎え、たいへん残念なことに新型コロナウィルス禍により社会活動が大幅に制限されるなか、KSCははウィズ・コロナの時代に対応したじゅうぶんな感染防止対策を講じることで、無事開催させていただくことが出来ました。

そして本年2021年度のチャレンジド・プログラムも、昨年に引き続きコロナ感染対策を徹底したうえで開催させていただきます。統括講師にフランス菓子ノリエットの永井紀之シェフ、そして神戸サマーシュの西川功晃シェフ、京都ホーフベッカライ・エーデッガー・タックスの野澤孝彦シェフ、仙台甘座洋菓子店の渡辺靖水シェフを講師にお迎えし、神戸、東京、大阪、仙台の各参加作業所での現地指導で受講生(利用者、サポーター)が実技を学習するスタイルで実施されています。

神戸スウィーツ・コンソーシアムはチャレンジドのパティシエ養成を通じて「すべての人が持てる力を発揮し、支え合って構築するユニバーサル社会」の実現をめざして活動してまいります。みなさまにはどうか神戸スウィーツ・コンソーシアムの活動を力強くバックアップしてくださいますことを心よりお願い申し上げます。

2021年11月24日のトピックス

ナミねぇは、12月15日(水)16:00から、関西大学千里山キャンパスにて、客員教授講演を行います。

2021年11月24日

ナミねぇは、12月15日(水)16:00から、関西大学千里山キャンパスにて、客員教授講演を行います。

学生だけでなく、どなたでも聴講できますので、ご都合のつく方は、ぜひご参加下さい。

ナミねぇ&チャレンジドたちの、最新の活動についてお話しします。
会場の皆さんとの意見交換もさせていただきます。
ご来場を、心からお待ちいたします

<by ナミねぇ>

12月15日(水)竹中ナミ氏(客員教授)講演会開催について

関西大学のサイトから転載させていただきました。
オリジナルは こちら  から。

客員教授 竹中 ナミ氏による講演会を開催いたします。
経済学部・経済学研究科以外の学生も参加可能です。奮ってご参加下さい。

日 時:2021年12月15日(水)16時20分~17時50分

場 所:千里山キャンパス第2学舎4号館 F403教室

演 題:チャレンジドが拓くデジタル社会

講 師:社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長
竹中ナミ 氏

主 催:関西大学経済学部
関西大学経済学研究科