2021年8月31日のクリップボード

PCG 令和3年9月1日より転載

information

日清製粉 「神戸スウィー ツ・コンソーシアム チャレンジド・プログラムVol.14」を共催
~今年度で14年目の“チャレンジドをバティシエに”を支援する菓子の講習会~7

画像をクリックで、紙面を拡大してご覧いただけます。PDFファイルにてご覧いただくのは こちら から。

<本文>

日清製粉 「神戸スウィー ツ・コンソーシアム チャレンジド・プログラムVol.14」を共催
~今年度で14年目の“チャレンジドをバティシエに”を支援する菓子の講習会~

当工業会賛助会員の日清製粉株式会社(山田責夫取締役社長/東京都千代田区)は、社会福祉法人プロップ・ステーション(竹中ナミ理事長)が中心となって2008年に発足した、パティシエを目指すチャレンジド(※)を支援するプロジェクト「神戸スウィーツ・コンソーシアム(以下、KSC)」を、今年度も共催している。

KSCは「洋菓子発祥の街と言われる神戸からチャレンジドのパティシエを育てよう」と企画された、日本で初めての試み。日清製粉はチャレンジドの就労の促進や雇用の創出を目指す社会福祉法人プロップ ・ステーションの活動に共感し、第1回よりこの活動を共催している。本プロジェクトでは、有名パティシエから菓子づくりの技術だけではなく、販売につながる知識も学ぶことで、チャレンジドの自立を支援する。

14年目となる今年度は、普段、チャレンジドがお菓子づくりに従事している作業所で、パティシエによる講習を実施。コロナ禍の状況に鑑み、配信方式にすることで、全国各地の作業所の人々も同時に講習に参加できる。講習の様子は、後日YouTubeで公開する。

※チャレンジド:挑戦する使命を与えられた人。米国などで障がい者に対する新しい呼称として用いられる。


祈りのプレッツェル。東本大霙災の復興支援の一環として、被災した作業所を含むKSCに参加する作業所が、霙災から5年目を迎える2016年に被災地への想いを込めた「祈りのプレッツェル」を製作し 、全国で発売した。商標登録も得ている

■令和3年度の講習会概要(予定)

開催日 会場 講師(※敬称略)

6月30日(水)カフェぽてと(兵庫県神戸市)
西川功晃(サ・マーシュ)

7月15日(木)ワークセンターれすと(東京都多摩市)
永井紀之(パティスリーノリエット)

9月27日(月)レストランぴぁ(宮城県仙台市)
渡辺靖水(とびばいさ甘座)

10月20日(水)街かどマーチcafe(大阪府大阪市)
野澤孝彦(ホーフベッカライ エーデッガー・タックス)

■問合せ:社会福祉法人プロップ・ステーション内KSC事務局
TEL.090-7909-1847 URL.http://www.kobesweets.org/

2021年5月3日のクリップボード

兵庫県功労者に228人
宮本輝さんら「県勢高揚」

神戸新聞 令和3年5月3日より転載

画像をクリックで、紙面を拡大してご覧いただけます。PDFファイルにてご覧いただくのは こちら から。

<本文>

兵庫県功労者に228人
宮本輝さんら「県勢高揚」

兵庫県は2日、2021年の県功労者表彰の受賞者228人(22部門)を発表した。兵庫の名を高めた「県勢高揚功労」には、芥川賞作家の宮本輝さん(74)=伊丹市=や関西学院大学長を務めた武田建さん(89)=西宮市、障害者の社会参画を推進した竹中ナミさん(72)=神戸市東灘区=ら5人が選ばれた。
(藤井伸哉)

宮本さんは1978年に「螢川」で芥川賞を受賞し、「流転の海」シリーズなどの作品では兵庫の魅力を国内外に発信した。武田さんは前県阪神シニアカレッジ学長として19年間、生涯教育に尽力。竹中さんは社会福祉法人「プロップ・ステーション」の理事長を務め、情報通信技術(ICT)を活用した福祉政策の推進にも力を注ぐ。

このほかの県勢高揚功労は、県健康財団会長の家森幸男さん(83)=京都市=と前駐日オーストラリア大使のリチャードーコートさん(73)=オーストラリア。家森さんは、「健康ひょうご21県民運動推進会議」の会長として県民の健康維持や増進に寄与。コートさんは県の姉妹都市・西オーストラリア州で、1993年から2001年までの8年間、首相として双方の交流促進を担った。

文化功労は、神戸親和女子大児童教育学科准教授の臼井真さん(60)=神戸市東灘区=や、大阪芸術大短期大学部メディア・芸術学科教授の九鬼葉子さん(62)=大阪市=らが受賞。臼井さんは元小学校教諭で、阪神・淡路大震災の復興と鎮魂を願う合唱曲「しあわせ運べるように」を作詞・作曲し、神戸市歌にもなった。九鬼さんは演劇評論家として「関西小劇場ブーム」などの取材を続ける傍ら、県芸術奨励賞選考委員などを務め、文化振興に貢献した。

防災功労には、人と防災未来センター上級研究員を務めた、前名古屋大減災連携研究センター長の福和伸夫さん(64)=愛知県=らが受賞。国際協力功労は、兵庫と中国の親善に尽くした前控尸華僑総会長の陳明徳さん(68)=神戸市灘区=らが選ばれた。

環境功労は、県環功労は、県環境審議会の大気環境部会長として、県の「脱炭素」の道筋を示した大阪商業大名誉教授の西村多嘉子さん(77)=芦屋市=らが表彰を受ける。

今年の受賞者は41~91歳(平均67歳)で女性は54人。新型コロナウイルス緊急事態宣言の発令を受け、表彰式の日程は未定という。

以下、「表彰される方々」は略させていただきます。

2021年3月24日のクリップボード

神戸スウィーツ・コンソーシアム
消費者志向活動章を受章
「公益性高く優れた取り組み」と評価

画像をクリックで、紙面をPDFファイルにてご覧いただけます

<本文>

神戸スウィーツ・コンソーシアム
消費者志向活動章を受章
「公益性高く優れた取り組み」と評価

日清製粉(山田貴夫社長)とプロップーステーション(竹中ナミ理事長)が共催する「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」のパティシエを目指すチャレンジドを支援する活動がこの度、消費者関連専門家会議(ACAP)が主催する第6回2020年ACAP消費者志向活動表彰にて消費者志向活動章を受章した。

「ACAP消費者志向活動表彰」制度は、消費者志向経営を推進・支援する観点から称賛に値する企業や団体等が行う活動に、「消費者志向活動章」を授与するもの。

KSCの取り組みは、「チャレンジドのプロとしての成長や自立に本業を通じて長年取り組み、実績を出している。チャレンジドの夢や未来をサポートする活動は公益性も高く非常に優れた取り組み」と評価された。表彰式は、2月25日、東京・千代田区のアルカディア市ヶ谷で行われた。

KSCは、「洋菓子発祥の街といわれる神戸からチャレンジドのパティシエを育てよう」と企画された日本で初めての試み。チャレンジドの就労の促進や雇用の創出を目指すプロップ・ステーションの活動に日清製粉が共感し、2008年度に第1回が開催された。以来、活動は毎年継続され、全国で将来パティシエとして働きたいと望むチャレンジドに、菓子づくりの技術だけではなく、販売につながる知識を学ぶ場を提供している。これまでのべ224人が受講し、修了生が講習会で学んだスイーツを商品化した事例もある。