2021年3月4日のトピックス

社会福祉法人プロップ・ステーションと日清製粉株式会社が共催する「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)が、第6回ACAP消費者志向活動表彰にて「消費者志向活動章」を受章!

日清製粉株式会社のプレスリリースより転載させていただきました。

日清製粉共催「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」が
第6回 ACAP 消費者志向活動表彰にて「消費者志向活動章」を受章

日清製粉グループの日清製粉株式会社(社長:山田 貴夫)が、社会福祉法人プロップ・ステーションと共催している「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」は、公益社団法人消費者関連専門家会議(以下、ACAP)(※)の主催する第6回2020年ACAP消費者志向活動表彰にて「消費者志向活動章」を受章しました。

(※)企業や団体の消費者関連部門の責任者・担当者で構成する組織として、1980年の設立以来、企業の消費者志向経営の推進、消費者啓発、消費者・行政・企業のかけ橋としての各種研修、調査、交流活動等幅広い活動を行っています。

■「消費者志向活動章」について
ACAPが2015年に創設した「ACAP消費者志向活動表彰」制度は、消費者志向経営を推進・支援する観点から称賛に値する企業や団体等が行う活動に、「消費者志向活動章」を授与するものです。

この度、「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」による「パティシエを目指すチャレンジド(※)を支援する活動」が「消費者志向活動章」を受章しました。

なお、表彰式は2月25日(木)にアルカディア市ヶ谷(東京都)にて行われました。

(※)挑戦する使命を与えられた人。米国などで障がい者に対する新しい呼称として用いられる。

詳細は下記ACAP消費者志向活動表彰のWebサイトをご参照ください。
 https://www.acap.or.jp/activity/consumer-oriented-management/acapsho/ 

■「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」について

「神戸スウィーツ・コンソーシアム(KSC)」は、「洋菓子発祥の街と言われる神戸からチャレンジドのパティシエを育てよう」と企画された、日本で初めての試みです。日清製粉はチャレンジドの就労の促進や雇用の創出を目指す社会福祉法人プロップ・ステーションの活動に共感し、2008年度の第1回よりこの活動を共催しています。本プロジェクトは、全国で将来パティシエとして働きたいと望むチャレンジドの方に、菓子づくりの技術だけではなく、販売につながる知識を学ぶ場も提供し、チャレンジドの自立を支援しています。これまで延べ224名が受講・修了しており、修了生が講習会で学んだスウィーツが商品化された事例もあります。今後も、本活動を通じて、一人一人が持てる力を発揮し、活動できるユニバーサル社会の実現に貢献していきます。

以上

この件に関する報道関係者のお問い合わせ先
株式会社日清製粉グループ本社 総務本部 広報部 担当:神田・塩谷
電話:03-5282-6650 (お問合せフォームは こちら 

画像をクリックでPDFファイルにてご覧いただけます。


2021年2月22日のトピックス

3月~5月に開催する「チャレンシド(障害のある人)やシニア(高齢の方)を対象とするパソコンセミナー」の受講生を募集中です!!

社会福祉法人プロップ・ステーション(神戸オフィス)では、3月~5月に開催する「チャレンシド(障害のある人)やシニア(高齢の方)を対象とするパソコンセミナー」の受講生を募集中です。

お問合せ、お申し込みはコチラから!!

パソコンセミナーのご案内
 https://www.prop.or.jp/challenged/seminar/

<by ナミねぇ>

パソコンセミナーのご案内

セミナー受講生募集                セミナー風景

プロップ・ステーションでは、チャレンジドやシニアをはじめ、ITスキルを高めて就労チャンスを得たいと願っている方々を対象にパソコンセミナーを東京と神戸で開催しています。

講座内容は、パソコンの基礎、応用からワードやエクセルなど、業務での活用を想定した講座。またコンピューターグラフィックスなど、デザイン分野の技術習得を目指す方向けの講座まで各種幅広いメニューをご用意しています。教室は、バリアフリーに対応しており、車椅子用トイレもビル内にありますのでご障がいをお持ちの方でも安心して受講いただけます。

■各講座のお問い合わせ・お申込みはTELまたはFAX・E-mailでプロップ・ステーションまで開講科目

2021年2月2日のトピックス

2021年2月2日、今日は娘麻紀(マキ)の48歳の誕生日です。

コロナ禍による緊急事態宣言の続発で、昨春から面会も帰省外泊も禁じられ、とてもとても淋しい「おかんナミねぇ」なんやけど、青野原病院の重症棟で、温かい看護を受けて過ごさせて戴いてることに、感謝でいっぱいです!

48年って、すご~く長い年月なのに、つい昨日マキを授かったような気もする、不思議な年月です。

その年月分、ナミねぇも年をとってるんやけど、なぜかそんな気がせぇへんのは、マキがベイビィタイプで「ナミねぇのように不良娘の親不孝」しないのと、悠久の時を生きるマキと一緒に、私もゆっくり生きられるから。

 「人を愛すること」の意味を教えてくれたマキに、今年も心から「ありがとう!!」と言える、今日という日に、改めて感謝を捧げます。

<by ナミねぇ>

2021年1月28日のトピックス

「令和の日本型学校教育」の答申が発表されました。

1月26日、ナミねぇも委員の一人として参画する、文部科学省中央教育審議会総会にて「令和の日本型学校教育」の答申が発表されました。

詳細は以下の通りです。ぜひご覧ください。

<by ナミねぇ>

以下は文科省のサイトから引用させていただきました。
文科省の本文は こちら  です。

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)(中教審第228号)

令和3年1月26日 中央教育審議会

中央教育審議会では,令和3年1月26日の第127回総会において「「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)」を取りまとめました。

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す,個別最適な学びと,協働的な学びの実現~(答申)

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申)【概要】 (PDF:2.1MB) PDF

「令和の日本型学校教育」の構築を目指して(答申)【本文】 (PDF:3.2MB) PDF

※以下【概要】の抜粋、画像をクリックで大きな画像が見れます。PDFは上記から。

2021年1月21日のチャレンジドニュース

国会審議のインターネット中継で聴覚障害者向けに手話通訳を導入。

 

松森果林ちゃんからの情報です!!

私も、国会中継をたのしみに拝見します!!

<by ナミねぇ>

参議院インターネット審議中継
 https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 

※以下は松森果林さんのfacebookより引用させていただきました。

ついに本日。

手話通訳は国会審議のインターネット中継のほうで参議院15:40~みられるとのことです。

<参院、通常国会から手話通訳 ブース設置>

※日経.comより引用

参院は15日、国会審議のインターネット中継で聴覚障害者向けに手話通訳を導入するにあたり、新たに設けた手話通訳士用のブースを報道陣に公開した。18日の菅義偉首相の施政方針演説など政府4演説から映像中継を始める。

映像は参院のホームページから閲覧できる。

2020年11月の参院本会議では、自民党の今井絵理子参院議員が手話を交えて質問した。新型コロナウイルスの影響でマスク着用を実施しており、口の動きが読めない聴覚障害者を考慮した。

バリアフリー化の一環として参院本会議場内にスロープも設置した。車椅子を利用する議員が登壇しやすくするための措置で、通常国会から使用する。

関連リンク

参議院インターネット審議中継
 https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php 

日経新聞元記事
 https://www.nikkei.com/article/DGXZQODE159GQ0V10C21A1000000 

2021年1月19日のトピックス

関西大学客員教授として関大千里キャンパスで講演した時の映像を、YouTubeで公開させていただきました。

昨年12月23日、関西大学客員教授として、関大千里キャンパスで講演した時の映像をYouTubeで公開させていただきました。

約一時間の講演で、チャレンジドの就労を促進するドローンやパソコン講習会、霞ヶ関行脚、ビル・ゲイツさんからの支援と交流、ヴォーカリストとしてのライブ活動…そして、ナミねぇを「ナミねぇに育ててくれた」娘や両親のこと等々、学生の皆さんに伝えたいことを、心を込めてお話ししました。

ビデオは前編の講演部分と後半のトーク部分の二つに分かれています。お時間があればどちらもぜひご視聴下さい。(^^)/

<by ナミねぇ>


<ナミねぇの講演>

関西大学のYouTubeサイトより引用させていただきました。

ナミねぇの講演(2020.12.23)前編
2020年12月23日(水)に、経済学部客員教授・竹中ナミ先生による講演会「チャレンジドとともに、社会を変えよう」が関西大学千里山キャンパスで開催されました。前編の講演部分(約60分)です。

 

ナミねぇの講演(2020.12.23)後編
2020年12月23日(水)に、経済学部客員教授・竹中ナミ先生による講演会「チャレンジドとともに、社会を変えよう」が関西大学千里山キャンパスで開催されました。後編のトーク部分(約30分)です。

2021年1月17日のトピックス

阪神淡路大震災から26年

1995年1月17日は、毎年書かせていただいてるように、神戸市東灘区に在るナミねぇの実家が全焼した日です。


全焼した実家

豊かとはいえない暮らしの中で、力を合わせて自宅を購入した両親にとって、震災と自宅焼失は想像を超えるショックやったと思うけど、その両親も今は鬼籍に入り、三人の子ども(ナミねぇと二人の弟)は、両親が必死で再建した自宅を拠点に、米国で、日本各地で活動しています。

子どもたちに「たくましく生きる」ことを教えてくれた両親に改めて感謝を捧げたいと思います。

そして今日~2021年1月17日は、震災から26年。「震災の日に生まれた赤ちゃんは、もう26歳なんやなぁ!」との感慨から、自分自身が26歳だった頃を思い出しました。

やんちゃな長男ヒロアキが4歳、重度の脳障害を持って授かった長女マキが1歳で、ナミねぇは片腕にマキを抱っこし、もう一方の手に「おしめと哺乳瓶を詰め込んだ大きな袋」を抱えて、病院周りをしてました。

今年26歳になった多くの方々に、その人の数だけの日常があり、その中に自身が障害を持つ方、ご家族の方もたくさんおられると思います。 もしかしたら、障害をネガティブなことと思われる方が多いかもしれへんけど、私にとってマキを授かったことは「自分を変えることの出来る最大のパワーを得た」という感覚が与えられた出来事でした。

ナミねぇは、どうしようもない不良娘で、両親にそれはそれは苦労をかけたんやけど、それは私自身が自分の意志でやってたこと。 でもマキの障害は、マキには全く責任が無いからです。 いわば「道を外れて生きてきた私に、普通の道を歩まない娘が授かった」ことで、真に「社会常識から外れた生き方が許される母子になった」という、実に不遜なパワーが与えられた…と思ったところが、不良娘ならではやったんでしょうね(笑)

いずれにしても、マキから与えられたたくさんの出来事の結果が、26歳から46年後の、現在のナミねぇです。 今日まで、見守り、支えてくださった多くの方々に改めて感謝を捧げます。

そして、コロナのせいで昨年から全く面会も帰省外泊もできてないけど、愛しくてたまらない「恩師」マキに、最大の感謝を捧げます。

コロナ、早く終息せえよ~!!!!

<by ナミねぇ>

2021年1月14日のトピックス

文科省中教審「中央教育審議会初等中等教育分科会&新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」の合同会議がオンラインで開催されました。

今日1月14日、文科省中教審「中央教育審議会初等中等教育分科会&新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」の合同会議がオンラインで開催されました。

令和3年度からの「知・徳・体」三位一体となった教育についての答申をまとめるため、今年度最後の、Web上での意見交換です。

とりわけ「ICTを駆使した学習」では、来年度から小中という義務教育機関の95%で「デジタル教科書」が導入されることになるなど、本格的な「ICT教育時代」に突入。

特別支援教育においても「障害のある人が(ICTを駆使して)在宅就労など新たな職域に対応できるように」と、まさにプロップ・ステーションが30年間に渡って取り組んできた「チャレンジドの在宅ワーク」が、ICT時代の新しい働き方として提示されるなど、「日本の教育における歴史の変遷」を、しみじみと実感しました。

コロナのために、多くの教育機関が在宅学習を余儀なくされた今年度ならではの「教育の根幹を考え直す」という想いを共有しての、意義深い会議でした。

<by ナミねぇ>

2021年1月1日のトピックス

☆新年のご挨拶☆
 社会福祉法人プロップ・ステーション理事長
 竹中ナミ(ナミねぇ)

ナミねぇ写真

2021年、皆さま、あけましておめでとうございます!!

昨年は、コロナ禍で多くの方々の生活が一変しました。 亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げるとともに、罹患されている方々のご回復を、心から願います。 また医療従事者の皆さまには、衷心からの敬意と感謝を捧げます。

今年は、プロップ・ステーションが、草の根のボランティア・グループとして発足してから30年という、節目の年となります。

30年前は、インターネットもまだ存在せず、パソコン通信の黎明期でした。 そんな頃に、ベッドの上に居ても、介助を受けながらも「自分は働きたい!」「働いて、taxpayerになりたい!!」と決意した重度肢体不自由の方々や、見えない、聞こえない、でも働きたいんや!という障害のある方々、そして共感下さる技術者の方々とともに、ナミねぇは「情報通信技術(IT)を駆使して、皆でそれを実現するため」日本で初めて「チャレンジドのためのパソコン教室」を開設しました。

その活動に、マイクロソフト社のビルゲイツ氏や、日本マイクロソフト社長だった成毛眞さんが大きな支援を下さったことで、草の根グループだったプロップ・ステーションは「社会福祉法人」となることが出来き、多くのチャレンジドがパソコンを学び、活躍を始めました。

プロップ・ステーションは「技術者の方々とチャレンジドが出会えるボランティア活動の場」としても広がって行き、「真剣だけれど、不可能なことを持つチャレンジドたち」から刺激を受けた技術者や研究者の皆さんは「ICTを駆使して不可能を可能にする」ことをぐんぐん加速させて下さり、ある意味「ムーブメント」とも言える広がりとなりました。

ナミねぇは、技術のことは何もわからへんけど「ベイビータイプの娘マキ」を授かったことで、「マキを残して安心して死ねるオカンになりたい!そんな社会にしたい!!」と切望したことが、多くの方々との出会いに繋がり、プロップ・ステーションの創設に繋がり、支援の輪が広がって、はや30年の年月が過ぎたことに、深い感慨を抱かずにおられません。

「ベッドの上で、在宅のまま働く」という究極の働き方を推進してきた身としては、30年後の今、コロナウイルスのせいで「在宅ワーク」が「新しい働き方」のように語られることが不思議な気もしますが、「チャレンジドは、超高齢社会の水先案内人」というナミねぇの持論が間違っていなかったという自負にも繋がっています。

そしてナミねぇを、こんなオカンにしてくれた娘マキは、なんと丑年生まれの48歳! 今年は「年女」です。 コロナのせいで、面会や帰省が出来ない日々が続いて淋しいけど、マキが病棟の皆さまの暖かい看護を受けて元気に過ごしていることに、感謝でいっぱいです。

コロナが一日も早く終息しますよう心から願いつつ、ナミねぇは新年の一歩を踏み出しました。 2021年が、皆さまにとって素晴らしい一年でありますよう……あらためて心から申しあげます。

あけましておめでとうございます!!!

☆ by ナミねぇ☆

2020年12月25日のトピックス

娘マキの病棟の看護師さんが「クリスマス会」の写真と暖かいお手紙を贈って下さいました。

コロナ禍で、今年は春以降、娘マキとの面会も帰省外泊も出来なくて、めちゃくちゃ寂しかったんやけど、病棟の看護師さんが「クリスマス会」の写真と暖かいお手紙を贈って下さいました。

短時間の面会ではなかなか見られない、大きな笑顔のマキが写ってて、とてもとても嬉しいナミねぇです。

最高のクリスマスプレゼントに、心から感謝いたします!!

☆ by ナミねぇ☆